JIMMY CHOO ジミーチュウ ブランドの歴史 エレガンス東京

tel 03-6264-6841 mail:info@elegance.tokyo.jp

Jimmy Choo Brand History

JIMMY CHOO ジミーチュウのメインページに戻る

  • -1996年

    ジミー・チュウはマレーシアで生まれ、父親が靴職人であったことから自然に靴作りに興味を持つようになります。11際のときに母親のためのパンプスを作製するなど、早くから才能を発揮したジミー・チュウはその後ロンドンに渡り「レザー・トレード・スクール」で靴作りの技術をさらに磨きました。卒業後、ハックニーに地震の工房を構え、徐々に名声を高め、1988年には「ヴォーグ」で特集が組まれるまでになりました。

  • 1996年-

    ジミー・チュウと彼の靴に惚れ込んだイギリス版「ヴォーグ」の編集者タマラ・メロンの共同でブランドを創業。1997年にはロンドンのモトコーン・ストリートに一号店をオープンしました。同年、ダイアナ妃がジミーチュウの靴を様々なシーンで着用し、話題となります。後にジミーチュウは「ダイアナ妃は多くのイギリスの若手デザイナーにチャンスを与え、ブランドが世に知られるようにしてくれた。彼女には感謝してもしきれないくらいだ。」と語っています。

  • 1999年-

    1999年、アカデミー賞で初めてジミーチュウの靴がセレブに着用されます。2000年には日本でも人気を博したテレビドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」で大きく取り上げられ、話題となりました。2001年にはブーツを発表、2003年にはハンドバッグを発表、星型スタッズのアイテムは世界中で大好評となりました。2007年にはアイウェアを発表しています。

  • 2010年-

    2010年にはスニーカー、2011年にはフレグランス、メンズコレクションを発表、2014年には自分好みにシューズをカスタムでいるメイド・トゥ・オーダーもスタートしました。ジミー・チュウは、オバマ大統領夫人のミッシェル・オバマ(来日時にも着用)、サンドラ・ブロック、ナタリー・ポートマン、ユマ・サーマン、メリル・ストリープ、ビヨンセなど多くの著名人が公私ともに愛用する名実ともに世界を代表するシューズブランドとなっています。