CELINE セリーヌ ブランドの歴史 エレガンス東京

tel 03-6264-6841 mail:info@elegance.tokyo.jp

CELINE Brand History

CELINE セリーヌのメインページに戻る

  • 1945年

    女性実業家セリーヌ・ヴィピアナと夫リチャードがパリのマルタ通りに創業した子供靴専門店がその発祥です。パリの革職人の技術を活かしたオーダーメイドの子供靴を扱い、上流階級を中心に大きな支持を集めました。

  • 1959年-

    59年にレディースシューズ、65年に香水とスカーフ、66年にバッグと順調にアイテムを追加し、67年にはプレタポルテを開始し、ベーシックなデザインと上品な雰囲気でトータルファッションブランドとして知られるようになります。60年代後半から、セリーヌのシンボルともなっている馬車柄とバックルのバッグ「サルキー」、馬具の金具をモチーフにしたモカシンが人気を呼び、パリのBCBG(bon chic bon genre-パリの上流階級的な、シックで趣味の良いファッションやライフスタイル)の代名詞といわれるまでになりました。

  • 1970年代-

    しかし徐々にBCBGは廃れ、セリーヌは懐古的なブランドとして定着し、勢いを失っていきました。ついに1987年、ベルナールアルノー率いるフィナンシエール・アガッシュ社(現LVMHグループ)に買収されました。

  • 1998年-

    1998年、当時ニューヨークで活躍していたマイケル コースがチーフデザイナーに就任しました。マイケル・コースは、ミニマルで実用性が高く、洗練されたデザインと、セルーヌの持つパリの品格、上品さとを上手く融合させたスタイルを発表しました。これはマダムブランドと呼ばれたセリーヌの若返り、復活に貢献、シティ派キャリアウーマンの人気を集め、ブランドの再生に繋がりました。

  • 2005年-

    2005年からバーバリー・プローサムのデザイナーを務めた経験のあるロベルト・メニケッティがアーティスティック・ディレクターに就任。 2006年から、クロアチア出身のイヴァナ・オマジックがアートディレクターに就任しました。

  • 2008年-

    2008年、クロエで活躍していたフィビー・ファイロがクリエイティブディレクターに就任しました。就任後に発表した「ラゲージ」バッグを、セレブリティの間で大流行させるなど再びセリーヌの勢いを取り戻します。2014年にはタイム誌「世界で最も影響力のある100人」に選出されました。また、フィービ・ファイロは、イギリス女王陛下より大英帝国勲章「オフィサー」、「インターナショナル・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」など数々の賞を受賞しています。